ジミー・コブというジャズドラマーのすごいところ

ひとつまえのブログにも書きましたが、ぼくの一番好きなジャズドラマーであるジミー・コブ / Jimmy Cobb が亡くなってしまいました。

今回は、そのジミー・コブの好きなところ書いてみたいとおもいます。

1.正確なリズム

ジミー・コブは本当にリズムが正確です。ミュージシャンの間では「タイムがよれない」「タイムが正確だ」などといいます。

 

きっとメトロノームトレーニングか、それに代わるものをしっかりおこなったのでしょうね。

 

聴いていて「懐(ふところ)が深いリズムだなあ」と感じます。

2.キレイな音色

本当にキレイな音色ですよね。ぼくはベーシストですが、他の楽器のひとがそう感じるというのは、本物って感じがします。

 

前にライブを観に行ったときに、ライブ後にジミー・コブのところへ話しかけに行きました。ドラムのひとと一緒にいったのですが、そのひとが、

 

「どうしたらそんなにキレイな音色が出せるのか」

 

と訊いていました。

ジミー・コブは、

 

「Practice, practice(練習、練習)」

 

と答えていました。

たくさん練習して、楽器のコントロールをきちんとできるようになろうって意味だと、ぼくは解釈しました。

 

ちなみに、他にも音色が好きなドラマーがいて、

 

・エルビン・ジョーンズ / Elvin Jones

・デニス・チェンバース / Dennis Chambers

 

がぼくは好きです。

「デニチェン」はジャズではないですが、ぼくにとってはエルビンや、ジミー・コブと共通のものを感じるのです。

3.他のプレイヤーをたてる

ジミー・コブは本当にムダなことをしません。とてもシンプルな演奏です。

きっと伴奏者ということを心得ているのでしょうね。

一緒に演奏するプレイヤーは、とても演奏しやすいとおもいます。

 

そのことは、参加アルバムの多さにも表れていますね。

マイルス・デイビスに起用されたのも、もしかしたら、そういったあたりのことが理由かもしれません。

4.おすすめの参加作品

ジミー・コブの良さがでているアルバムを紹介します。

■ Someday my prince will come+2 CD / miles davis

<Personnel>

  • Miles Davis - Trumpet
  • John Coltrane - Tenor Sax
  • Hank Mobley - Tenor Sax
  • Wynton Kelly - Piano
  • Paul Chambers - Bass
  • Jimmy Cobb - Drums

ジミー・コブ、なんてキレイな音色だろう。聴いていてすごく気持ちがいいです。

またぼくはこのアルバムの、ポール・チェンバースを何曲か、ハンク・モブレーを何曲かコピーしました。耳コピのことですね。

■ Somethin's Burnin' / Peter Bernstein

<Personnel>

  • Peter Bernstein - Guitar
  • JBrad Mehldau - Piano
  • John Webber - Bass
  • Jimmy Cobb - Drums

ジミー・コブ、シンプルな伴奏に徹しています。

このアルバムもベースのジョン・ウェッバーを何曲かコピーしました。

 

またせっかくなので、エルビンやデニチェンのおすすめも載せます。

■ I Want to Hold Your Hand / grant green

<Personnel>

  • Grant Green - Guitar
  • Hank Mobley - Tenor Sax
  • Larry Young - organ
  • Elvin Jones - drums

上のピーター・バーンスタインのアルバムと「This Could Be The Start Of Something Big」の曲がかぶってます。

 

ピーター・バーンスタインはグラント・グリーンが大好きなのでしょうね。

 

「Speak Low」のエルビン・ジョーンズのドラムイントロがかっこいいです。

■ ビリー・シーン・プロジェクト・ライブ 限定版 / ナイアシン(Niacin)

<Personnel>

  • Billy Sheehan - Bass
  • John Novello - Keyboards
  • Dennis Chambers - Drums

ジャコ・パストリアスの演奏で有名な、ウェザーリポートの「バードランド」も演奏しています。

 

ライブ映像もあって、最初メンバーが登場してきて、ビリー・シーンがシールドを楽器にさすところが、むちゃくちゃかっこいいです。マニアックな見方してるかな。

 

デニチェン、全曲かっこいいです。

 

 

 

Written by 高間康弘 (Jump to YouTube)

 

トップページ > 講師のブログ

 


 

 

ライブもぜひ聴きにきてください

 Live Schedule

 

演奏動画を投稿しています

 YouTube チャンネルへ

  

高めあう仲間たちがいます

> Facebook ジャズコミュニティ

 

ブログ更新情報や写真などをツイートしています

> Twiiter アカウント

 

遠隔地のかたへアドバイスいたします

>  高間康弘ジャズベーススクールオンライン

 

別の場所でもブログを書いています

> tacamaBlog

 


 

 最近のおすすめアイテム

 

使っているウッドベース弦です